ウルトラマン crk8 カジノauの「キャリアアグリゲーション」とドコモ新料金プランのインパクトは?仮想通貨カジノパチンコpoker goods

ウルトラマン crk8 カジノauの「キャリアアグリゲーション」とドコモ新料金プランのインパクトは?仮想通貨カジノパチンコpoker goods

ウルトラマン crk8 カジノauの「キャリアアグリゲーション」とドコモ新料金プランのインパクトは?仮想通貨カジノパチンコpoker goods

大 海賊 の 服k8 カジノ

パチスロ 慶次 初代 LTEの異なる周波数帯に同時接続し、通信速度を改善する「キャリアアグリゲーション」をKDDIが開始した。ドコモも2014年度内に提供することを告知。通信速度のさらなる高速化と安定化に期待ができそうだ。このほか、ドコモは6月1日に複数のドコモ回線でデータ通信量をシェアできる新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」を発表。一方、MVNOによる格安データSIMもサービス内容が拡充しており、こちらからも目が離せない。

「ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」」バックナンバー ドコモの「パケットパック海外オプション」を中国で使ってみた/ソフトバンクのプリペイドSIM、販売状況はどう?「海外での通信費は高い」はもう古い? 最新の海外渡航者向け通信サービスをチェック!WiMAX 2+ルーターの新機種は“SIM”に注意?/九州地方のWiMAX 2+事情「新製品」から「事件」まで――モバイルWi-Fiルーターで2017年を振り返るついに「au 4G LTE」対応! 最新WiMAX 2+ルーター「WX04」をいろいろチェックホントは使える? 東京メトロ全駅で「WiMAX 2+」エリアを調査「100GBサンキュッパ」のその後/「セカイSIM」登場/WiMAX 2+増速国内100GBプランが“サンキュッパ”――夢のセカイルーター「GWiFi」の現実に迫る日本でもほしい「セーラームーン」スマホ/固定代替に「WiMAX 2+」はあり?据え置きWiMAX 2+ルーターを2週間ほど“固定回線代わり”に使ってみた高速化“てんこ盛り”の「WiMAX 2+」で気になること世界中どこでも1台で大体OK! クラウドSIMを使う「セカイルーター」とは?UQ WiMAX 2+の「3年縛り」プラン登場へ 気を付けるべきは「7GB制限」高速化するモバイルルーターへの「不安」/Y!mobileの「3日10GB」追随が寂しい件「下り440Mbpsほぼ全国化」+「規制ルール変更」のWiMAX 2+に死角なし?どうなる? 2017年春(一部夏)の「WiMAX 2+」UQがWiMAX 2+の速度制限を「直近3日間10GB・夜だけ」に緩和 制限中速度は1Mbps程度に“全キャリア対応”をうたったFREETELの「ARIA 2」、WiMAX 2+ルーター用SIMカードで使えず下りも上りもWiMAX 2+史上最速――「WX03」に対する大きな期待と小さな不安大容量プランだけで大丈夫? ドコモの「ウルトラシェアパック50」だけでなるべくやり過ごした結果「安い」「速い」「真の大容量」――モバイルWi-Fiルーターの生き残る道こんにちは「大容量プラン」 さよなら「モバイルWi-Fiルータ」?4G/3Gのデュアル待受スマホが国内登場! ソフトバンク「アメリカ放題」で混乱もKDDIとUQが下り最大370Mbps対応の「W03」を発表、ただし“月間7GB”の制限ありLTEは下り最大375Mbpsまで高速化、国内最速の370Mbps対応ルーターも登場熊本地震で「00000JAPAN」が初稼働、通信各社はデータ通信量アップで支援“容量無制限”で最速、下り261Mbpsのルーター発売/ドコモとY!mobile、旧モデルを「一括0円」で販売イオンモバイルがMVNOサービスをスタート、日本通信はソフトバンク回線を提供か?総務省案件が多かった年末年始、実効速度公開や料金値下げ議論の効果は?WiMAX 2+とSoftBank Airに新機種/mineo、全ユーザーでパケットシェアする新サービスY!mobile、一部で速度制限を緩和も「305ZT」は対象外/ドコモのspモードが他社端末でも利用可能にドコモとKDDIが下り300Mbpsのサービス発表/MVNOのVoLTEに新たな問題UQ、CA対応エリアを急ピッチで全国に拡大/SIMロック解除に対応するiPhone発売UQ、WiMAX 2+の制限を緩和/SIMフリールーター「MR04LN」は海外SIMでLTE接続可能MVNO向けルーターの本命? SIMフリー×デュアルSIM×CA対応の「MR04LN」「来るべき時が、来た」――WiMAX 2+で通信速度制限始まるUQ、料金そのままで2+への「移住」を促進/携帯各社のSIMロック解除、購入から180日は解除不可にWiMAX 2+の速度制限はどうなの? 携帯各社はSIMロック解除義務化目前に「駆け込み値上げ」UQが下り最大220Mbpsのサービス開始/ドコモは下り最大225Mbpsに高速化UQからWiMAX 2+の下り最大220Mbps対応機種が登場! ワイモバイルは設立から1年未満で消滅へ「mineo」のプラン拡充と「UQ mobile」スタートでKDDI系MVNOが反撃 ドコモは直近3日間の速度制限を撤廃MVNO各社が音声対応プランや容量無制限プランを開始、ワイモバイルは通信量「実質」無制限のキャンペーンもWiMAX 2+は15年春より220Mbpsに LTE無制限プランがU-mobileからも登場ドコモが下り最大225MbpsのLTE-Advancedを2015年3月に開始/相次ぐ格安SIMの増量キャンペーンCA対応で国内最速の「303ZT」/選択肢広がる旅行者向けネット環境/SIMフリー「iPhone 6」は最強のルーター?WiMAX 2+対応ルーター「HWD15」は買い?/モバイルWi-Fiルーターのアップデート悲喜こもごも「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」の登場で思うこと/進むSIMロック解除とSIMロックフリー端末投入au初のMVNOが好調/ドコモ版iPad発売とテザリング封じの関係/auのWiMAX 2+スマホは速度制限あり?auの「キャリアアグリゲーション」とドコモ新料金プランのインパクトは?ドコモの「Wi-Fi STATION HW-01F」はココが新しい/東名阪で下り最大112.5Mbpsの「Xi」開始KDDIがキャリアアグリゲーションを開始、ドコモの2014年度中に提供予定→安定した高速通信を実現――KDDIが他社に先がけ「キャリアアグリゲーション」導入へ→KDDIの2014年夏モデル、下り最大110Mbpsの「WiMAX 2+」を無料で利用可能にphotoキャリアアグリゲーション対応の基地局は2015年3月末に約2万局にまで増える予定だ

 KDDIは「LTE-Advanced」の技術であるキャリアアグリゲーションを日本で初めて導入し、下り最大150Mbpsのサービスを開始した。同社は2013年8月から、LTEの2.1GHz帯を利用した下り最大150Mbps対応サービスを一部のエリアにて提供しているが、キャリアアグリゲーションの導入によって、下り最大150Mbpsの対応エリアが拡大する。

 auのキャリアアグリゲーションは、2.1GHz帯の10MHz幅と、800MHz帯の10MHz幅の2つの帯域を重ねて利用することで、下り最大150Mbpsの通信速度を実現する。すでに提供中の2.1GHz帯の20MHz幅による基地局とあわせて、下り最大150Mbpsに対応する基地局数は2015年3月末までに20,000局へと拡大予定だ。キャリアアグリゲーションは、auの2014年夏モデルから対応し、最初に発売された「GALAXY S5 SCL23」は、ソフトウェアアップデートにより対応した(→KDDI、「GALAXY S5 SCL23」のソフトウェアアップデートでキャリアアグリゲーションとWiMAX 2+に対応)。

photoauのキャリアアグリゲーション対応スマートフォン。左から「isai FL LGL24」「Xperia ZL2 SOL25」「GALAXY S5 SCL23」「AQUOS SERIE SHL25」「URBANO L03」。ほかに「Xperia Z2 Tablet SOT21」も対応する

 2014年3月期の決算発表会でドコモの加藤薫社長は、2014年度中にキャリアアグリゲーションを導入することを発表した(→下り最大225Mbps、ドコモが「LTE-Advanced」を2014年度中に開始)。ドコモのキャリアアグリゲーションでは、下り最大225Mbpsの高速化を予定しており、auの下り最大150Mbpsはもちろん、UQコミュニケーションズがWiMAX 2+で2014年中に展開を予定している下り最大220Mbpsよりも高速になる見込みだ。

 ドコモはすでに、東名阪エリアにて1.7GHz帯の20MHz幅を使った下り最大150Mbps対応サービスを提供開始している。理論上の通信速度ではauのキャリアアグリゲーションと同じだが、イー・アクセスが2013年9月に行った実証実験では、KDDIが採用するキャリアアグリゲーションと同様の10MHz幅+10MHz幅よりも、連続した20MHz幅の帯域を使った方が高速という結果が発表されている(→イー・アクセス、1.7GHz帯 20MHz幅のLTE実証実験で下り291Mbpsを記録)。

 LTE対応に対応する基地局数は2015年3月末までに9万5300局まで増加し、そのうち約40%にあたる4万局を下り最大100Mbps以上の速度に対応する計画だ。2014年3月末時点でLTEの対応基地局数が5万5300局、下り最大100Mbps以上に対応する基地局が3500局とわずか6%程度だったので、下り最大100Mbps以上に対応する基地局を1年間で一気に10倍以上に拡大する計画だ。

photoLTE基地局は、2015年3月末までに9万5300局にまで増加する予定ドコモ、新料金ではパケット通信量のシェアに対応→ドコモ、固定や他社携帯もカケホーダイになる新料金を6月開始――スマホ向けは月額2700円から

 ドコモは2014年6月1日から新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」を提供する。国内初となる音声通話の完全定額をiモード端末なら月額2200円、スマートフォンは月額2700円(いずれも税別)で提供する。

 新料金プランで発表された「シェアパック」では、同一の家族内で最大10回線のデータ通信量を分け合って使用できる。パケットパックの定額料金は10Gバイトで9500円(各種割引前)からとなっており、家族で使用中のドコモの回線が多い場合は、データ通信料の値下げも可能になる。

パケットパック定額料(月額、1グループごと)※税別

プラン名利用可能データ量シェア料金1人向けデータSパック2Gバイト1人でシェア可能3500円データMパック5Gバイト5000円家族向けシェアパック1010Gバイト家族で10回線までシェア可能9500円シェアパック1515Gバイト1万2500円シェアパック2020Gバイト1万6000円シェアパック3030Gバイト2万2500円らくらくスマートフォン向けらくらくパック200Mバイト不可2000円

 個人向けのデータ通信オプションは、通信量が2Gバイトまでの「データSパック」(月額3500円)と、5Gバイトまでの「データMパック」(月額5000円)が提供される(いずれも税別)。音声回線と同一名義でデータ通信回線を利用する場合は、データ通信回線で「シェアオプション」を契約し「2台目プラス」を適用すると、音声回線とデータ通信回線でパケット通信量をシェアできる。

 新料金プランでは、音声通話の完全定額とデータ通信量のシェアのほか、25歳以下の若者向けに通信料を割引したうえで、通信量がボーナスとして毎月1Gバイト付与される「U25応援割」や、長期契約者向けにシェアパックの定額料金が最大で毎月2000円割引される「ずっとドコモ割」が提供される。これらは、若者とドコモの長期契約者に向けた期間限定のキャンペーンではなく、恒常的に提供されるものだ。

 モバイルWi-Fiルーター向けの料金としては「データプラン」をモバイルWi-Fiルータで利用した際の基本使用料が1200円(2年契約時、税別)で、シェアオプションの料金と合わせても、1700円(税別)となり、データ通信を行う回線が増えても、基本料金部分での負担は従来の料金プランと比べて小さくなる。

 ただし、ドコモのMVNOでサービスを提供している「OCN モバイル ONE」では、1契約で使えるSIMカードを追加する「容量シェアSIM」を、月額450円(税別)で提供していることを考えると、ドコモの新料金プランのデータ通信向けプランの「基本使用料」とは、何に対する対価なのだろう、と考えてしまう。

 新料金プランの発表直後は、新しいシェアパックの料金が割高に感じたものの、同居家族を合わせて合計2人という筆者のパターンでも、新料金プランの方が通信料を抑えられることが分かったので、新料金プランへの変更を予定している。新料金プランは5月15日から申込みを受け付けており、6月1日から提供される。

関連キーワードキャリアアグリゲーション | 料金プラン | データ通信 | パケット定額 | 基地局 | LTE(Long Term Evolution) | GALAXY S5 SCL23 | モバイルルータ | スマートフォン | isai FL LGL24 | LTE Advanced | MVNO | AQUOS SERIE SHL25 | Xperia ZL2 SOL25 | Xperia Z2 Tablet SOT21 | UQ WiMAX 2+ | ビックカメラ | URBANO L03 | 格安SIMカード | OCN モバイル ONE | プリペイドSIM | ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」ビックカメラが格安SIM+スマホを販売仮想通貨カジノパチンコアプリ 不要 ゲーム

Similar Posts

コメントを残す