夜中の1時過ぎにインターフォンが鳴った。そんな時間に人が来る予定なんてない。インターフォンの画面を見るとそこにはA男がいた。

213名前:酒 :2016/06/10(金) 22:10:56.31 0.net
フェイク有り。長いです。
私 26 医療職 1人暮らし
友子 23 会社員 実家暮らし
A男 29 某大手営業職 1人暮らし
B郎 27 仲の良いバーテンダー
C助 41 B郎経由の知人 謎多き人
年齢は当時のもの。
友子は以前の職場の後輩で、私をとても慕ってくれておりお互い転職したのちも一緒に遊ぶ事が多かった。
2人共お酒を飲む事が好きで、良く某地方都市の繁華街で飲んでいた。
飲み歩くうちに行きつけや知り合いが増え、そこでB郎やC助さん達と知り合い、個人的に連絡を取ったり遊んだりする事もあった。
土地柄なのか、若めの女が1人2人で飲んでいるのは珍しいらしく、色んな人に覚えてもらい、仲良くしてもらっていた。


スポンサーリンク

214名前:酒 :2016/06/10(金) 22:11:50.19 0.net
それからしばらくして知人を介してA男と知り合った。
A男は物腰が柔らかく、お酒好きの私にもよく付き合ってくれ、次第に仲良くなっていった。
A男が私に好意を寄せてくれている事には早々に気付いたが、そういった恋愛の対象としてみる事は出来なかった。
その為、友子も含めて3人で遊んだり、中間地点の私の家で宅飲みしたりする事が多くなった。
ある日、A男はお酒の勢いか冗談のように、好きだと言ってくれた。けれど友人としてしか見られなかったので、私はありがとうとだけ返した。
その後、A男からの連絡や誘いが急激に増えた。
今何してるの?今度どこに行く?明日の予定は?等…
ありがとう、と言ったことを勘違いしたのかは分からないが、LINEが日に何十通も入り、返さないと電話がかかってきた。
元々あまり連絡がマメでない私には精神的にかなり苦痛だった。
耐えかねて、こういう事は負担でしか無いので止めて欲しい、とやんわりと伝えた。
しかし、LINEや電話は減るどころか、スマホが鳴りっぱなしになる程に増えた。
流石に無理だと思い、知人にもその旨を伝え、A男にも再度負担でしか無かった事を伝えて、以降は一切の連絡を絶たせてもらった。
友人としては付き合えたのでブロックなどはせず、完全にスルーの方向を取った。
215名前:酒 :2016/06/10(金) 22:13:01.40 0.net
しばらくは相変わらず連絡がきていたが、次第にそれも減り、一件落着…と思っていたある日。
夜中の1時過ぎにインターフォンが鳴った。
そんな時間に人が来る予定なんてない。
間違いだろう、とインターフォンの画面を見るとそこにはA男がいた。
少しうつむき加減で、どろっとした目つきでずっとインターフォンを鳴らし続けていた。
本気で怖くなり、サイレントに設定し、部屋の電気を消し、息を殺した。
1時間以上経った頃、ようやく立ち去ってくれたようだったが、まだA男がいたら…と恐怖で1人で部屋にいることに耐えられなかった。
少し時間を置いて、B郎に連絡を取り詳しくは後で説明するが、1人でいられないから今から店に行くと伝えた。
B郎やその他仲の良い人達ばかりの行きつけの店で、家からタクシーで15分程度。
B郎はC助さんも来てるから話聞くよと言ってくれていた。
店に着いてこれで少し安心…と思った次の瞬間に戦慄した。
そこにA男がいた。
216名前:酒 :2016/06/10(金) 22:13:58.58 0.net
入った瞬間に踵を返した私をB郎が追いかけてきてくれ、少し外で事情を説明してからB郎に伴われてC助さんの隣に座った(A男とは1番離れた席だった)
半泣きでB郎とC助さんに事情を説明した。
B郎は、A男は少し前に来て◯◯ちゃん(私の愛称)いる?って聞いてた、と教えてくれた。
ただ、その愛称で呼ぶ人は殆どいなかった為、◯◯ちゃん=私だとは誰も思わず、そんな子は知らない、と言った矢先の事だったらしい。
B郎C助さんの方向だけを見て話していると、ねぇ…と背後からA男に肩を叩かれた。
恐怖、知り合いのところで騒ぎを起こしたく無い、逃げても無駄、人目があればまだ何とか…
瞬間逡巡し、店の外で話そう、とA男と店を出た。
外に出て再度、迷惑だったこと、友達としては楽しかったこと、今日の事は恐怖でしかなかった事等を矢継早に伝えた。
A男は僕の何が駄目なの…?と手を伸ばして来たが、兎に角怖い、無理!と言って私は店の中に逃げ戻った。
C助さんに、A男とこの店に来た事あるのかと聞かれたが、もちろん連れて来た事も詳細を話した事もない。某所の△△という店に飲みに行く事がある…とは言った事があるかも知れない程度だと言うと更に顔を歪めていた。
動揺しながら話していて、ふと気付くとB郎がいなかった。
217名前:酒 :2016/06/10(金) 22:14:25.86 0.net
裏にでもいるんだろうと気にとめていなかったが、数分後に何故か悔しそうな顔をして戻ってきた。
C助さんが、どうだった?と尋ねるとB郎は見失いました、と。
いないと思ったらA男を追いかけていたらしい。
B郎はひどく不満気だったが、もう関わりたくない迷惑かけてすいませんと謝ったら、大丈夫二度と無いから安心して良いよとC助さんが笑った。
何も無いと思うけど、もし何かあったら連絡して、冷蔵庫買っておくよ、と違う意味で怖い言葉を残してC助さんはお帰りになった。
その後、A男からの接触は無くなった。

お目汚し失礼しました。

220名前:名無しさん@HOME :2016/06/11(土) 00:00:06.04 0.net
自分を好きな相手と友人でいようと思うのが間違いを誘発する
とくに女性関係に疎い人や思い込みの激しい人はヤバイと思う
>>213は八方美人って言うか良い人でいたい系の痛い人って感じ
221名前:名無しさん@HOME :2016/06/11(土) 00:17:57.00 0.net
怖いことする人と友達でいようとか意味わかんない

■編集元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/live/1463117858

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    この状況で、よく店まで行くつもりになるな。
    部屋を出た瞬間、待ち伏せしていたA男が……とか、想像しないんだろうか
    知り合いのいる店にたどり着いたのに、また店外でA男と話すとか
    馬鹿だろ。としか思えないな

  2. 匿名 より:

    女は押しに弱いとか言ってA男を焚き付けてたバカがいたんだろ
    A男は相手が迷ってるのではなく単に怖がってる事実に気づいたから
    あきらめたって感じ
    どうでもいいけど・・兎に角(とにかく)を漢字変換すなw
    読めねーよ

  3. 匿名 より:

    読めなくはないだろ
    あの場面で漢字だと不自然ではあるが