母が急に電話で「父がいない」と泣きながら言うので事情が分からず慌てて実家に戻ったら父に出迎えられた

379名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/08/13(土) 18:53:27.71ID:0eInnqBQ.net
母が急に電話で「父がいない」と泣きながら言うので事情が分からず慌てて実家に戻ったら父に出迎えられた

いるじゃん、と思ってたら奥から母親が出てきて私に向かって「まぁどちら様?」と

目の前にいる私と父をそうと認識できなくなってた

どうしていいのか分からず「この人(父)は身の回りのお世話を手伝ってくれる○○さんよ。私は娘さんの代わりに様子を見に来た××よ」と無理やり誤魔化した

それから何年も父は「誰?」「初めまして、お世話係の○○ですよ」「まぁ、夫と同じ名前。そういえば○○さんはどこ?」「出掛ける用事があるみたいですよ」

という会話を毎朝し続けた。途中からは実家に戻った私もそのやりとりに加わった

基本母は穏やかで、平和に介護をしていられたけど、毎日寂しそうに「夫と娘はどこかしら」と言うのでそれを誤魔化すのだけが辛かった

「あなたは私の娘によく似ているわ。あの子もこんな風に育つのかしら」と言われた日は干からびるほど泣いた

私があなたの娘だよと言いそうになるのを口の中を噛んで堪えた

母の1周忌を終え、発覚した時は修羅場だったなぁと思ったので書き込み

母は明け方寝ている間に亡くなったが、その夜12時頃珍しく寝言を言っていて、何を言ってるのか耳を寄せてみたら「○○さん、××、○○さん、××…」と私と父の名前を呼び続けていたのを思い出すと今でも泣けてくる

夢の中でくらい私と父に会えていたのなら良かったんだけどなぁ


スポンサーリンク

382名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/08/13(土) 20:46:02.69ID:edCW+92c.net
アルツハイマーかな

悲しいね

383名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/08/13(土) 20:51:59.79ID:xDQ9150x.net
やべ。今横でアルツの母親が寝てるんだけど

泣けて来たわ

でも私だったら、私が○○よ!って言っちゃうな

384名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/08/13(土) 21:12:11.30ID:ngq1z7OE.net
認知症の人間の言うことに反駁しちゃいかん、と言われてるよ。

残酷なこと言うようだが、別の世界に生きてる人間なんだということを認識しとかないとこっちが潰れるよ。

金貰って決められた時間だけ相手すればいい立場に居てもキツイ時があるし

肉親で24時間ずっと見とかなけりゃいかん立場の人間の思いは察するに余りある。

385名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/08/13(土) 21:23:42.48ID:xDQ9150x.net
いやそれは分かってる

今現実に介護してるから

でもそれでも言っちゃうかも

親子の拠り所がなかったら介護出来ない気がして

389名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/08/13(土) 22:04:57.25ID:0eInnqBQ.net
>>384

母がそうなって実感しました

話が噛み合わないこともあるし、どれだけ頑張っても翌日にはその記憶はリセットされているので、最初の頃は毎朝期待してはがっかりする日々でした

母は比較的症状が軽い方だったのでまだ良かったですが、徘徊や暴力等があったら私も耐えられなかったかもしれません

386名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/08/13(土) 21:24:28.12ID:xDQ9150x.net
375は本当に偉いと思うよ

お疲れ様でした

387名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/08/13(土) 21:41:25.00ID:4g7Huxjw.net
でも、何で>>379は、

父ちゃんとともに「自分が夫&娘です」っていう流れを作らなかったのかなあ。

話しの流れで確認調じゃなくて自然に娘として夫として会話している間に

本人も娘や夫と認識できる瞬間もあったろうに・・・・その一瞬もなかったのかなあ

388名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/08/13(土) 22:03:06.59ID:edCW+92c.net
>>387

夫と娘がいるって記憶は残ったけど

目の前の人間が夫と娘って記憶はなくなっちゃったんだから

自分が娘ですって言っても不安にさせるだけじゃないか?

本人にしてみたら見知らぬ他人が突然娘ですって名乗るようなもんだ

389名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/08/13(土) 22:04:57.25ID:0eInnqBQ.net
>>387

最初は私と父を目の前に「あなたは誰?夫や娘は?」と聞いてくる母親に対してパニックになり、咄嗟に嘘をつきました

その後も名乗らなかったのは、母が私たちを家族として見る様子が見られなかった(基本常に他人行儀)ので母を混乱させないためということと、

名乗った時に「あなたは私の娘(父)じゃない」とはっきり言われてしまうかもしれない、ということが怖かったからです

最初の頃、母の調子が良さそうな日の朝に「あなたは誰?」と聞かれたので私と父が「この顔に見覚えはありませんか?」と聞いてみたら、母は不思議そうな顔をしました

もしもはっきりと「娘(夫)ではない」と言われてしまったら、その後もきちんと介護ができる自信がない、と父と話し合い、名乗ることはやめました

情けない話ですが、父も私も現実から目をそらして母と接していました

390名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/08/13(土) 22:19:43.69ID:CV0pWt4h.net
>>389

本当にお疲れ様でした

真実がいつも正しいわけではないと思う

真実が不幸をよぶなら、嘘でほんの少しの幸せと

心の安定を求めても、それはきっと必要なものだったんだよ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    真実を言ってもいいんだよ。
    その時は驚くかもしれないけど、それすらすぐに忘れてしまうんだ。

    なぜか昔の事だけは忘れないんだよね。

    • 匿名 より:

      伝えられた真実は忘れるけど、その時の感情だけはずっと残る
      絶望や不安だけがずっと残る
      真実を伝えたいってのはこっち側のエゴでしかない
      本人の不安定で脆い世界を、一方的にブチ壊すだけの行為

  2. 匿名 より:

    自分が年を取ったことも忘れてしまうから、
    「うちの娘が大人になったらこんな奥様になるのかしら」となる。
    後期高齢者の認知症患者が、もう前期高齢者になった自分の子供をつかまえて
    「どこのお爺さん(お婆さん)?」みたいな事態だってあるよ。

  3. 匿名 より:

    夫と娘に会いたがってたからまだ頑張れたんかね
    自分たちのことはわからなくても愛されてるっていうか

  4. 匿名 より:

    >>387
    こいつがどの面さげて以降の書き込み見たのか気になる

  5. 匿名 より:

    >>379
    暴力的にならずに幸せだったね

  6. 匿名 より:

    医療従事者です。嘘だろとまでは言わないけど、家族が認識できないのはアルツハイマー型認知症の末期症状の特徴であり、いきなりこんな状態にはならない。3年〜7年くらいの期間をかけて見当識(日付や時間)→場所→人物の順で認識できなくなる。だから人物の認識ができなくなる時期では家族はその覚悟を前もって病院から聞かされているはず。アルツハイマーはゆっくりだけど明らかに言動がおかしくなっていくのでこの症状になるまで病院に連れていってないなら、家族の方が怖い。

  7. 匿名 より:

    家族を認識できないほどの末期な認知症なら、歩くのや食事も介助なしじゃままならないし、自分で料理や入浴は当然無理。トイレも行かず便失禁しまくりで常時オムツつけてるもんだけど。漫画みたいにすっぱり家族のことを忘れて、生活動作は自立レベルって現実にはまずないと思っていいよ。報告者がその辺の話を省略してるのかもしれないけど。

    • 匿名 より:

      追記:よく読み直したら母親が娘に電話をかけてるね。家族の顔を認識できないほどの重度の認知症患者が電話を使うなんておおよそできることではない。

      • 匿名 より:

        電話台の前に親戚や家族の名前と電話先を書いた紙が貼ってあったり置いてあったりするだけでしょ
        黒電話を経験した世代なら未だに連絡先を置いてるご家庭は結構ある。
        昔は専用の立てかけのボードまであったし。
        まして高齢夫婦なら電話機に連絡先を登録する、なんて面倒なことをせず、
        昔と同じやり方で連絡先を見ながら電話をかけるだろう。

      • 匿名 より:

        認知症の症状と進行てのは患者によってまったく違う。要は脳のどこから壊れていくかって話だからな。
        親しい人・家族を認知する、という、それ専用の部分が人脳にはある。記憶障害とともに初期にそこが壊れたら、基本的な生活(買い物や電話など)は問題ないけど、家族のことが判らない。そういうことは十分あり得る。

        • 匿名 より:

          追記:そういえば「家族のことが家族と思えなくなる」という症状のカプグラ症候群でも、電話越しに話をすると、家族と認識してくれることがあるそうな。
          この件でも「母が急に電話で「父がいない」と泣きながら言う」からには、電話越しでは娘を娘と認識してたんだろ?

        • 匿名 より:

          残念ながら、あなたは認知症について勉強不足。記憶を失う(想起できない)ことに順序があるのは、医学では学生で習うレベルの常識。あなたが挙げてるの例を実際に見たことあるの?常識を覆す大発見だよ。